So-net無料ブログ作成

たゆたふ故郷 [web]

日本一広い村とはいえ、行けども行けども山ばかり。鉄道も高速道路も走っていない。
緑の山肌に張りつくようにぽつんぽつんと集落があり、あるのはただ深い谷と美しい川と、
めまいのするような吊り橋がいくつか。
いちばん大きな吊り橋は、いまから50年以上前に、村人がお金を出し合って掛けたものだ。

うちの家は、いまもこの村に本籍を残している。
いままでにたった一度しか行ったことはないけれど。
訪れる人を包み込むような、あったかさと懐かしさ。
生まれるずっと前からここに縁があることが、ちょっと誇らしく思えた。

そんな村を襲った台風12号の大水害。
台風15号も刻々と近づく。
ニュースを見るばかりで、何もできないのがもどかしい。
あの親切だった役場の人たちはみな無事だろうか。

災害・復旧情報を流しつづけるツイッターを見て、こんなサイトがあることを知った。

●神納川 http://nara.utsukushiki-nippon.jp/contents/03/
●玉置神社 http://nara.utsukushiki-nippon.jp/contents/06/
●瀞峡 http://nara.utsukushiki-nippon.jp/contents/08/

奈良市出身の映画作家・河瀬直美が、映像の監督と語りを担当している。


 「玉置神社」より

この穏やかで静かな日常に、避難所で暮らす人々が一日も早くもどれますように。


タグ:十津川村
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 5

そーすけ

今年は、自分たちが地球上のほんのちっぽけな存在でしかないってことを思い知らされましたよ。でもそれから学べること、伝えることが大事なんでしょうね。先人たちもきっとそうだったんだと思うし。
こんなことでもなければ、こんな大げさなこと恥ずかしくて言えないと思いますが、本当にそう思いました。

きれいな記事を読ませてもらって心からそう思います。
今度の台風15号も気になりますよね。あまり影響がなければいいのですけど。
これ以上の災害が起きないことを自分も祈ります。
by そーすけ (2011-09-20 23:04) 

チヨロギ

◇そーすけさん◇
荒々しい自然の前では、人間はあまりに無力だと今年ほど痛感した年はありません。
でも人間は助け合うことができる。
だからきっと、乗り越えられると信じます。
 > 学べること、伝えることが大事なんでしょうね。先人たちもきっとそうだったんだと思うし。
ほんとにそのとおりですね。
それにしてもこの台風、早くどこかに逸れていってほしいものです。
by チヨロギ (2011-09-20 23:52) 

チヨロギ

◇RUSH大好きさん、amaneさん、nice!ありがとうございます。
by チヨロギ (2011-09-20 23:52) 

柴犬陸

今年は日本にとって何と試練の多い年なんでしょうか。
これでもかこれでもかと、次々と自然の脅威にさらされます、
それも最大級の。
そして、現在進行形です。
「穏やかで静かな日常」がどんなに有難く愛しいものかをかみしめています。
奈良は私にとっても特別な場所です。
by 柴犬陸 (2011-09-21 09:24) 

チヨロギ

◇陸さん◇
さっき、JA共済のCMでこんなナレーションが流れていました。
 この国で生きるということは、
 台風と共に生きるということ。
 地震と共に生きるということ。
 自然と共に生きるということ。
ああ、そうなんだよなあと思いました。これが自然というものなのだと。
さまざまな教訓を忘れずに、前へ進むしかないのでしょう。
奈良、陸さんも縁を感じる場所なんですね。
by チヨロギ (2011-09-21 23:32) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。